旅行先の宿泊費を抑えたい!直前割引のメリットとデメリット

直前予約で安く泊まる

旅行に行くときには観光をメインにするから、宿泊費は安くても良いと考える人は少なくありません。宿泊費を安くするためには日程が決まり次第予約をしてしまう「早割」がお得になることはよく知られていて、予定が決まったらまずホテルを抑えてから旅行の内容などを決めるという人もいるくらいです。早割は確かに通常の料金よりは安くなりますが、それよりももっと安く泊まれるのが「直前割」「当日限定」といった、宿泊日当日に突然出ることがあるプランです。これはキャンセルなどで部屋が空いてしまった場合に、そのままにしておくよりは安くして宿泊してもらった方が良いという施設が出すもので、通常料金の半額以下でも宿泊することができるようになります。

必ず出るとは限らない

直前割や当日限定のプランは通常の料金よりも安く泊まれるのは大きなメリットではありますが、必ずキャンセルがでたり空室を安く予約出来るわけではないという点に注意が必要になります。平日や閑散期ならば直前割などがなくても宿泊する施設を確保することは出来るかもしれません。しかし連休中や繁忙期になるともともと宿泊施設の稼働率が高いのでキャンセルはあまり出ませんし、出たとしてもすぐに埋まってしまうことがあるため、直前割を利用して安く宿泊使用としていると宿泊施設自体を確保できなくなってしまう可能性もあります。直前割りなどを使って宿泊費を安くしたいという場合には、使うタイミングを考えておくことが大切になってきます。