海外旅行でトラブルを避けるために知っておくこと

貴重品をなくしてしまったら

海外で観光を楽しむ場合、盗難や紛失の対策をしっかりしておくことが大事です。まず、多額の現金や高価な貴重品を持って歩くのは避けましょう。ひとたび目をつけられてしまうと、身の安全を守るのは大変です。貴重品やお金を持ち歩く場合はケースの中にしまって、他人の目に付かないようにしましょう。また、パスポートやクレジットカードは紛失してしまうと対応が必要です。パスポートがなくなったら、証明書を発行してもらい現地にある大使館か領事館で再発行の手続きを行います。クレジットカードをなくした場合は、カード会社に連絡をして失効したことを伝えて手続きをしましょう。クレジットカードの番号はあらかじめ控えておくと、すばやく手続きが行えます。

観光で注意しておくマナー

国の文化やルールの違いを知らないまま観光してしまうと、現地の人に迷惑をかけてしまったりトラブルを起こしてしまうことがあるので注意しましょう。まず教会やお寺では肌の露出しない服装を選ぶのが大事です。宗教によって決まりや風習があり、女性が僧侶に触れることはタブーの場合があるので覚えておきましょう。次に公衆衛生にしっかり配慮することも重要です。道端にごみを捨てたり、つばを吐くことで罰金を払わなければいけない国もあるので注意しましょう。また、建造物や人物の写真を撮影する場合は、かならず一言断りを入れましょう。撮影ができる場所であってもフラッシュは禁止されていることがあるので、確かめてから撮りましょう。